予防歯科ガイド すぎもと歯科クリニック監修

TEL 012003-3696

予防しないとどうなる?将来の残歯率

すぎもと歯科クリニック

歯科治療ガイド

歯みがきが楽しくなるアプリ

HOME»  予防しないとどうなる?将来の残歯率

予防歯科が進んでいる国と日本との予防意識の違い

現在、日本にお住まいの80歳の方に残っている歯の本数は平均で8.8本だと言われています。しかし、予防歯科が進んでいる国のスウェーデンでは、平均して20本の歯が残っているというデータが出ています。ここまで大きな差が生まれる理由は、スウェーデンでは、90%以上の方が「歯科の定期検診」に受診しているからです。

悪くなったら治療をする、痛みを感じたら歯科医院に通う、を繰り返していると、どんどん歯が失われてしまいます。また、ブラッシングを毎日していても、歯を失うことにつながるというデータもあるのです。おいしい食事をご自身の歯で食べ続けるためには、「定期検診を受診すること」が必要不可欠だと言えるでしょう。

 

定期的にメンテナンスをしている人と治療を受けただけの人の残歯率

定期的にメンテナンスを受けている方と、悪くなってから治療している方では、歯の残り具合が大きく変わります。「PMTC」と呼ばれる、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使用して行うクリーニングを定期的に受けている方は、80歳になっても25本前後の歯が残る可能性が高いのに対し、歯科医院で歯みがき指導だけを受けている、あるいは、歯やお口に異常を感じてから歯科医院に受診する方は、80歳の時点でほとんどの歯を失い、入れ歯をせざる得ない状況であるというデータがあるのです。歯みがきだけでは落としきれない汚れがあるからこそ、歯科医院でのPMTCを定期的に受けることをおすすめいたします。

歯を残すメリット

健康寿命とは、健康上の問題で日常生活を制限されずに生活できる期間のことです。この健康寿命を延ばすためには、少なからず「歯」は重要なポイントだと考えています。なぜなら、歯を失ってしまうと、おいしい食事を噛むことができなくなるのはもちろん、上手にお話をすることも難しくなってしまいます。しかし、天然歯を維持することができれば、食事も会話も不自由なく行うことができます。大切な天然歯を残すことができるように、定期検診に通い、歯のメンテナンス、クリーニングを受けて、歯の健康を保ちましょう。

初診予約はこちら

Page Top